BLOGブログ

#115 「こどもみらい住宅支援事業」ご存じですか?

木の質感の和モダン住宅

大きな屋根のお洒落な外観と
「無垢材×漆喰」の自然素材でつくる温かみのある室内。
どこか懐かしく、どこか新しい。
そんな住まいをご提案。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

理想の家づくりのためのお役立ち情報として
なるべくわかりやすく、かつ専門的に
プロの視点から様々な情報をお伝えしている#シリーズです。

ご質問・お問合せは
ぜひメールでお気軽にリクエストください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「こどもみらい住宅支援事業」とは、
一定の省エネ性能を有する住宅の新築
一定の要件を満たすリフォームを行う場合、
国から所定の補助金額が交付される補助金事業です。

補助金額も大きいので、
利用できるタイミング、条件が合えば
積極的に利用したい制度です!!

このブログでは
新築住宅を検討されている方に関する部分を中心に
簡単にポイントを解説していきます。

 

■対象になるのは?

自分が住むための注文住宅の新築・分譲住宅の購入を行う
子育て世帯または若者夫婦世帯、
補助対象となるリフォームを行う全世帯が対象になります。

注文住宅の新築の場合の場合
子育て世帯または、ご夫婦のどちらかが40歳未満の場合
かつ、住宅について規定する省エネ性能を有する住宅に限られています。

「子育て世帯」= 申請時点において2003年4月2日以降に出生した子を有する世帯
「若者夫婦世帯」= 申請時点において夫婦であり、いずれかが1981年4月2日以降に生まれた世帯

 

新築住宅の場合
以下の1~6を満たす場合が対象になります。

1、所有者(建築主)自らが居住する住宅であること
2、土砂災害特別警戒区域外に立地する建物であること
※レッドゾーンにかかっている建物は対象外になります。
3、住戸の床面積が50 ㎡以上であること
4、証明書等により、性能基準に応じた証明書類によって確認ができること
5、交付申請時、基礎工事(杭基礎の場合は杭工事)の完了が確認できていること
6、予め本事業に登録をした住宅事業者(建設会社・工務店)との工事請負契約であること
※「こどもみらい住宅事業者」は工事請負業者が交付申請手続きを代行するシステムです。

「一定の省エネ性能を有する住宅」の新築については、
2022年6月30日までに工事請負契約又は不動産​売買契約を締結したもの
補助対象が限定されています。ご注意ください!

■補助金はいくら?

注文住宅の新築を行う場合、
住宅の省エネ性能などに応じて60万円~100万円となっています。

こども未来住宅支援事業事務局ホームページより
こども未来住宅支援事業事務局ホームページより

 

■この事業の目的とは・・・

こどもみらい住宅支援事業は、
経済対策と2050年カーボンニュートラル実現の2つの観点によって施行される事業です。

金額的に高額となる住宅の取得、特に高性能住宅は更に費用も上がり、
子育て世帯や若者夫婦世帯にとってはハードルの高いもの。

このような事情をこれを踏まえて、
子育て世代の住居費負担の支援強化や住宅分野の脱炭素化の強力な推進を目的として
が創設されました。

更に、コロナ禍における流通や製品の製造など
様々な社会的事情によって、当初予定より期間も延長され
補助事業を利用できるチャンスが広がりました!

 

 

弊社シセイハウジングでも、利用、申請が可能ですので
ぜひ、お気軽にご相談ください。

次回のブログでは
具体的な申請の方法などをご案内いたします。

CONTACTお問い合わせ

tel:0120-471-358

無料で相談承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ内容必須
お名前必須

※フルネームでご記入くださいませ。

電話番号必須

※繋がりやすい番号をご記入くださいませ。

メールアドレス必須
備考

※こちらにお問い合わせ内容をご記入くださいませ。

残りの必須項目0/5