BLOGブログ

#104 セットバックのお話し

木の質感の和モダン住宅

大きな屋根のお洒落な外観と
「無垢材×漆喰」の自然素材でつくる温かみのある室内。
どこか懐かしく、どこか新しい。
そんな住まいをご提案。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

理想の家づくりのためのお役立ち情報として
なるべくわかりやすく、かつ専門的に
プロの視点から様々な情報をお伝えしている#シリーズです。

ご質問・お問合せは
ぜひメールでお気軽にリクエストください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土地情報を検索していると
「セットバック」という言葉を目にすることも多いと思います。

セットバックとは、
所有する土地の一部を道路とし、
その土地が接している道路の幅を拡げることです。

前にもこのブログでも紹介しましたが
市街地の中にあって
家の前の道路の幅が4メートル以下だった場合
家を新築する際にはセットバックすることが義務付けられています。

 

「土地の一部」を道路として利用できるようにするので
自分の土地であっても、セットバック部分に建物を建てたり
塀などを作ることもできません。

そのかわり、セットバック対象部分は
固定資産税が免除されます。

 

新築住宅を建てる際、セットバックがどのように
影響するかというと・・・

家を建てる際には、
建ぺい率、容積率がその場所によって定められています。

セットバック部分の面積は
敷地の対象面積(有効面積)から外されるので
建ぺい率、容積率に当てはめる土地面積が
小さくなるということになります。

土地面積が狭く、かつ、セットバックは必要な場合は
その形状などによって
建てられる家の面積に大きく影響することもありますので
慎重に検討してくださいね。

特に、住宅会社と一緒に土地選びをしないような
土地のみを見てを購入される場合などには
注意すべき大切なポイントです!

 

 

セットバックについては
該当部分をそのまま自分の土地としておく以外に
道路を管理する市町村に寄付する方法などもあります。

詳しくはまた別の機会に
このブログでご紹介します!

CONTACTお問い合わせ

tel:0120-471-358

無料で相談承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ内容必須
お名前必須

※フルネームでご記入くださいませ。

電話番号必須

※繋がりやすい番号をご記入くださいませ。

メールアドレス必須
備考

※こちらにお問い合わせ内容をご記入くださいませ。

残りの必須項目0/5