BLOGブログ

#95 2022年のトレンドカラー

木の質感の和モダン住宅

大きな屋根のお洒落な外観と
「無垢材×漆喰」の自然素材でつくる温かみのある室内。
どこか懐かしく、どこか新しい。
そんな住まいをご提案。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

理想の家づくりのためのお役立ち情報として
なるべくわかりやすく、かつ専門的に
プロの視点から様々な情報をお伝えしている#シリーズです。

ご質問・お問合せは
ぜひメールでお気軽にリクエストください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

毎年年末頃に発表される翌年のトレンドカラー
さて、今年2022年の色はどんな色でしょう?

 

 

日本では、主に2つの組織が発表したトレンドカラーが紹介されます。

・PANTONE社
…世界的な色見本帳のメーカー

・流行色協会(JAFCA)
…国際的な情報などをもとに国内市場向けに選定する組織

これから家づくりをされる方は
記念の年のトレンドカラーを
新築の記念として
アクセント的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

PANTONE社が発表したのが

ベリーペリ( Very Peri )

世界的にも生活様式など様々な変革期でもある時代を表す色として、
誠実さと信頼性を表すブルーと、レッドの持つエネルギー。
それが融合するような紫がかった淡いブルー。
不安定な時代に明るさと力強さをもたらすという意味もあるようです。

 


(※PCやスマートフォンのディスプレイでは正確な色を再現できませんので画像は参考です)

 

日本流行色協会(JAFCA)が発表したのが

ジョリーコーラル( Jolly Coral )

変わりつつある世界で、不安な心身に喜びをもたらし、
明るく楽しい希望に満ちた未来が訪れるようにという願いを込めてた色だそうです。
珍しく蛍光色でもあり、優しく発光するようなコーラルオレンジ。

 

どちらの色も
不透明な時代に柔らかいながらも光や力を感じさせる色味です。

インテリアは洋服のように簡単に取り換えられない分
取り入れるのが難しいし、勇気がいるというイメージですよね。

そんな時はちょっとしたスペース、
小物、差し色でちょこっと取り入れてあげるだけでも
アクセントが生きて素敵な空間にもなりますね。

壁紙やカーテンやブラインド、家具をはじめ
クッションやリネン、ブックカバーや
好きな色のデザインペーパー、ファブリックボードなど
小さな面積で取り入れれば十分楽しめるものです。

これからプランをたてられる方は
今年家を持つという記念を
色で残してみてはいかがでしょうか?

家づくりのご相談、随時承っております。
どうぞお気軽にお問合せください!

CONTACTお問い合わせ

tel:0120-471-358

無料で相談承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ内容必須
お名前必須

※フルネームでご記入くださいませ。

電話番号必須

※繋がりやすい番号をご記入くださいませ。

メールアドレス必須
備考

※こちらにお問い合わせ内容をご記入くださいませ。

残りの必須項目0/5