BLOGブログ

#93 年末の大掃除には「24換気」のメンテナンスもお忘れずに!

木の質感の和モダン住宅

大きな屋根のお洒落な外観と
「無垢材×漆喰」の自然素材でつくる温かみのある室内。

どこか懐かしく、どこか新しい。
そんな住まいをご提案。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

理想の家づくりのためのお役立ち情報として
なるべくわかりやすく、かつ専門的に
プロの視点から様々な情報をお伝えしている#シリーズです。

ご質問・お問合せは
ぜひメールでお気軽にリクエストください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前回のブログでもお伝えした24換気。
定期的なお掃除も室内で快適・安全に過ごすためには必要です。
年末の大掃除の時期ですので、ここも忘れずにお掃除しましょう!

リビングや洗面所に設置されている24時間換気システムの換気口。

掃除をせずに放っておくと、
汚れた空気を家の中に入れてしまっていることになってしまいます。
今回は、
掃除方法、掃除をする際の注意点などをご紹介します。

壁についている「給気口」にはフィルターが入っているタイプがあります。
(外から入ってくる黄砂やPM2.5、花粉などをブロックしてくれています)

 

 

24時間換気システムのフィルターは、
外から空気と一緒に入ってくるさまざまな
汚れをブロックするため汚れやすく、
環境によっては真っ黒になっていることもあります。

 

1~2ヶ月に一度は点検を行い、清掃が望ましいですが
年末には、きちんと清掃し、
場合によってはフィルターの交換の時期の確認も
行うといいですね。

汚れた状態で放置していると目詰まりを起こし、
換気量の低下を招いてしまいます。
(結露やカビの原因となることも)

一般的に多い「第三種換気」のお手入れは・・・

<給気口>
換気システムの電源を切り、給気口のカバーを外します。
フィルターを取り除き、給気口内のほこりやゴミを取り除きます。

 

<フィルター>
清掃のサイクルは説明書などを確認して定期的に行うのがベストです。

水洗いできるかできないかを確認し、
水洗いできないタイプは掃除機で汚れを吸い取りましょう。
水洗い可能なタイプは掃除機でホコリをとり、水洗い。
汚れがひどい場合は、中性洗剤で洗いましょう。
ペーパータオルなどでやさしく水気を拭き取り陰干しでしっかり乾かします。
きつく絞ると変形や破損の原因になるので注意してください。

経年で劣化している場合は、交換してくださいね!

 

<排気口>
排気口の掃除方法は給気口とほぼ同じで、ホコリやゴミを取り除きましょう。

 

<換気装置(本体)>

ファンの内部にホコリがたまると換気能力が低下し、故障の原因となります。
メーカーのお手入れ方法に沿って行って下さい。

ファンの清掃も大切です。
スキマのごみを掃除機でやブラシで取り除いてスッキリしておきましょう。

 

つい、面倒だと見ないふりをしてしまいがちですが
こまめなメンテナンスがご家族の健康、家の健康
そして、機械の故障を防ぐことにもなります。

年に一度の大掃除に取り組んでみましょう!

CONTACTお問い合わせ

tel:0120-471-358

無料で相談承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ内容必須
お名前必須

※フルネームでご記入くださいませ。

電話番号必須

※繋がりやすい番号をご記入くださいませ。

メールアドレス必須
備考

※こちらにお問い合わせ内容をご記入くださいませ。

残りの必須項目0/5