BLOGブログ

#84 その土地で大丈夫? vol2 用途地域のこと

理想の家づくりのためのお役立ち情報として
なるべくわかりやすく、かつ専門的に
プロの視点から様々な情報をお伝えしている#シリーズです。

ご質問・お問合せは
ぜひメールでお気軽にリクエストください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前回に続き、家を建てるための土地のお話。
今回はのテーマは「用途地域」についてです。

 

23種類の「地目」と13種類の「用途地域」
がありますというお話を前回のブログでしましたね。

 

「用途地域」は都市計画法によって定められています。
地域が何に指定されるかによって、
建てられる建物の種類が異なるのです。

用途地域は13種類に分類されています。

大きく分けると
住居系用途地域・商業系用途地域・工業系用途地域
に分かれ、この中で、個人で家を建てる場合に関係するのは
「住居系用途地域」です。

住宅系用途地域は次の8種類。

・第1種低層住居専用地域
・第2種低層住居専用地域
・第1種中高層住居専用地域
・第2種中高層住居専用地域
・第1種住居地域
・第2種住居地域
・準住居地域
・田園住居地域

基本的に住宅を建てるのに適したエリアに
指定されているこれらの用途地域ですが、用途地域によって、
容積率や建蔽率、その他制限などが定められています。

 

また、建物に関する制限は住宅だけではありません。
用途地域ごとに建設可能な建物が違い、
学校や病院、マンションや店舗、パチンコ店やボーリング場など
が建つ地域も定められているのです。

ですので、現在はまだ建っていない、件数的に少ない場合でも、
将来的に周辺環境が変化していく可能性があるのです。

 

家を建てる=土地を持つ=資産を持つ
ということでもありますので
周辺環境による地価の変化、
騒音など環境に関する生活環境の変化、
それに伴う資産価値の変化など
いろんな視点から検討することも大切です。

様々な条件に左右される家づくり。
理想の家、叶えたい暮らしの実現のために、
まずは、しっかり暮らしのイメージを描いて
進めていくことが大切です。

 

CONTACTお問い合わせ

tel:0120-471-358

無料で相談承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ内容必須
お名前必須

※フルネームでご記入くださいませ。

電話番号必須

※繋がりやすい番号をご記入くださいませ。

メールアドレス必須
備考

※こちらにお問い合わせ内容をご記入くださいませ。

残りの必須項目0/5