#74 家の暑さ🔥はリスクがいっぱい!

理想の家づくりのためのお役立ち情報として
なるべくわかりやすく、かつ専門的に
プロの視点から様々な情報をお伝えしている#シリーズです。

ご質問・お問合せは
ぜひメールでお気軽にリクエストください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今年の夏も暑い日が続きますね!

開催中のオリンピック
来日した選手や関係者のみなさんも
湿度の高い日本の暑さへの対応に苦労されているそうです。

昨年に引き続き、
私たちは「コロナ感染」はもちろん
「夏の暑さ」から起こる熱中症からも
身を守らなければなりません。

 

日本では、家庭内での不慮の事故で無くなる件数が
年々増加しているのをご存じですか?

 

これには、住宅内での温度差が激しい冬に起こりやすいのですが
夏の暑さが原因となる家庭内事故の件数も見過ごせません。

 

その一つが「熱中症」
近年の異常気象ともいえる夏の暑さ。
熱帯夜も増え、夜間になっても冷房がかかせません。
その熱中症の多くは「家の中」で起こっていて
発生場所でみると屋外が約2割なのに比べ
住宅では4割となっています。

 

そして、そのうちの7割が65歳以上の高齢者層。

高齢者層が住んでいる住宅は
年代的に住宅性能が低い場合も多く、
・室内が異常に暑くなること
・冷房を適切に使用しない世代であること
・水分摂取に鈍感(世代的・身体機能的に)なこと
など熱中症対策の不足が要因として挙げられます。

 

 

が、しかし・・・

これらは、住まいの断熱がしっかりしていれば
それだけで避けられることでもあるのです。

 

たびたび、お伝えしていますが
「住まい」は家族の健康を守る大切な「器」です。

 

家は、これから何十年と住み続けるものです。
現在は、特に健康面に問題がなくても
『いつか高齢になる自分達
『これから心身を成長させる子供達』のために
健康の面からも家づくりを考えていただきたいと思います。

この記事を書いた人

staff-A