#64 モデルハウスで見るべきものは・・・

理想の家づくりのためのお役立ち情報として
なるべくわかりやすく、かつ専門的に
プロの視点から様々な情報をお伝えしている#シリーズです。

ご質問・お問合せは
ぜひメールでお気軽にリクエストください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

家づくりを考えはじめた方が
最初に起こすアクションとして多いのが
「モデルハウス(住宅展示場)の見学」です。

 

最初に訪れた際に、
何を中心に見学されることが多いかというと
「間取りやキッチン、家具などのインテリア」

そして、これらの印象が
その会社の印象としてインプットされてる
場合が多いような気がします。

 

私が、モデルハウスで体験していただきたいのは、
間取りや設備だけではなく
「居住性=住宅性能」です。

 

カタログを見ても、ホームページやInstagramを見ても
快適さのレベルを体感として確かめること
はできないからです。

 

 

自分の家の居住性が分からないままに暮らしはじめる、
そのときはじめて快適性が損なわれていることに気づいても、
もう後戻りはできませんから・・・。

 

 

特に、今の時期、梅雨は見学するにはお勧めです。
雨が降っている蒸し暑い日などに
あえて見学へ出かけてみましょう!

 

住宅性能の高い家には、
屋外のエアコン室外機が少ないはずです。
なぜなら、
住宅性能の高ければ少ないエアコンで
快適な空間を作れているからです。
(外部にエアコンの室外機がずらりと並んでいるような家は注意です)

 

 

例えば、
じゅうたんの下や押入れの中がジメジメしてませんか?
冷たい飲み物の入ったコップが結露していませんか?

 

そして、案外見落としがちなのが防音の程度です。
荒天時に訪問すれば、
雨音や風の音がどの程度なのかが確認できます。

音に関しては、個人差もありますが
非常に気になるレベルだったら大変ですからね。

 

家づくりは、洋服や家電などを通販で選ぶのとは全く異なります。

自分の感覚で感じることや
季節や天候ごとの室内環境を確認するためにも
その意識を持ってモデルハウスに足を運ぶことが大切です。

 

面倒がらずに足を運んで、居住性や快適性を体感しましょう。
家族みんなで訪問して、帰宅後に感想を話し合うのも楽しいものです。

この記事を書いた人

staff-A