#37 インターフォンひとつにしても・・・

理想の家づくりのためのお役立ち情報として
なるべくわかりやすく、かつ専門的に
プロの視点から様々な情報をお伝えしている#シリーズです。

ご質問・お問合せは
ぜひメールでお気軽にリクエストください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

家が一件完成するまでには
相当数、様々な選択を重ねていきます。

床の材質や壁のクロス、キッチン、トイレ
カタチ、色、機能、位置・・・
いったいいくつあるんでしょう?

 

家づくりは、プランの段階から、工程の終盤まで、
ひとつひとつ検討や再確認をしながら慎重に進めていきます。

 

先日も「インターフォンの取り付け位置」
であれやこれやと議論になりました。

 

戸建て住宅の場合
家族以外の人(お客様や宅配など来訪者)が
我が家に訪れる際、最初にインターホンを使います。

外構や敷地の形状などにもよるので、
希望どおりにできるかという問題もありますが・・・
家族以外の人が、どの位置まで来て来訪を知らせるか(入ってきても大丈夫か)
それぞれのご家庭の考え方も反映したい部分ではないでしょうか?

・玄関のすぐ脇
・敷地の入り口の門柱や門扉
・アプローチに入る前の階段下・・・などいろいろ選択肢があります。

ちなみに、取り付ける位置は
高さが110㎝~130㎝の位置が適切です。

 

今回のように変更が発生すると
都度、適切に検討し
配線工事など必要な作業を加え対応していきます。

後で決める、変更するという場合もありますが
理想の外構デザインにするためには
案外大事なポイント!
そして「希望はとにかく早めに伝えておくこと」が大切です。
段階的には、確認申請のタイミングまでがベストです。

インターフォンひとつにしても、
そこで暮らすご家族が日々ストレスなく使っていただくには
様々な検討が重ねられています。

 

担当者とコミュニケーションをとりながら
お気に入りの家づくりを楽しんでいってください。

この記事を書いた人

staff-A