#14 キッチン選び・後悔しないためのアドバイス!

理想の家づくりのためのお役立ち情報として
なるべくわかりやすく、かつ専門的に
プロの視点から様々な情報をお伝えしているブログです。

ご質問・お問合せは
ぜひメールでお気軽にリクエストください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回のテーマは「KITCHEN」
新築住宅の企画会議やお客様との打ち合わせで、
必ず議論に上がるのがキッチンです。

「使いやすさorビジュアル」で迷う方が多い傾向にあって
特に質問が多いのは、キッチンの「天板」の選び方です。

天板は「人工大理石」「ステンレス」のいずれかを選びますが
たやすく交換できるものではないので
納得して、ご自分たちの生活スタイルに
合ったものを選んでいただくことが大切です。

そのために、今回はプロの目線からそれぞれの
メリット・デメリットをお話します。

「人工大理石」
メリットは、新品時は非常に見た目がきれい!
友人知人に見せた~い、ホームパーティーで映える!
というところです。
デメリットは、傷つきやすく、耐熱的にも弱い=お手入れが大変!という点
大理石といえど「人工=樹脂」
主成分は、ポリエステルやアクリルで、液体を固めて板状になっています。
樹脂は基本、鉄より柔らかい=傷がつきやすい。
お皿の下のザラザラしたところでも傷がつき、その傷に雑菌が入るリスクもあります。
ゆえに、かたいスポンジで汚れを落とそうとしたら傷が!!!ということも起こります。
コンロの周りも油汚れが原因で、シミになることも多いので注意が必要です。
そして耐熱にも限界があり、熱々のお鍋やヤカンを直接乗せると変色したりすることがあります。

見た目は大変いいのですが、手間や気遣いが必要な素材です。

「ステンレス」

メリットは、丈夫で強いこと。
どんなに叩いても、汚れは金たわしでゴシゴシやっても大丈夫です。
包丁を当てても大丈夫。
少々傷が入っても使ううちに目立たなくなります。
もし、傷ができて雑菌が気になっても、熱湯消毒OKです。
使い勝手が良く、料理好きの方にはとても向いています

デメリットは、あまりないのですが、
強いて言えば、おしゃれ感が・・・というところでしょうか。
ですが、最近では色々な表面の仕上げ加工があり、デザイン性も豊富になってきました。

以上のとおり、
・デザイン重視の方=人工大理石
・料理好き料理上手の方=ステンレス
という基準で考えられる事が多いです。

キッチンはマイホームへの夢の象徴のような部分でもあります。
こだわりのオーダーキッチンをご希望の際は、
ぜひ色々な素材を見てご検討ください。

この記事を書いた人

staff-A