新築戸建の方角について

各方角の特徴について

暮らしの基盤となる家を建てる際は、様々な点からどんな家にするか考えるようにしなくてはなりません。新築戸建を建てる際、住む場所や費用なども重要ですが、家の向いている方角も大切になります。方角を気にする理由は、日当たりに関わってきます。
ここではそこにポイントを置き東西南北、家のメインの窓が向く各方角の特徴についてご紹介します。

東方向の特徴

太陽は東から昇り西へ沈みます。東の方角を向いたメインの窓は、朝の太陽の光が差し込んでくるので気持ちよく目覚めることができるでしょう。朝日を浴びることは、体内リズムを作るのにも役立ち、健康的な生活を送ることができると言われています。また、朝日を浴びることで、脳にセロトニンと呼ばれる物質が作られ、脳の活性化や気持ちを落ち着かせるのに役立ちます。東方向は、ストレスを溜め込みやすい方などにもおすすめです。

西方向の特徴

西の方角を向いたメインの窓は、昼過ぎ頃から太陽の光が入ってきます。そのため、午前中を涼しく過ごすことが可能です。冬など日照時間が短くなった季節でも、夕方まで太陽の光を受けることができるため、暖かさを取り入れられ、また洗濯物をしっかり乾かすことができます。夕方の風景が好きな方にも、夕焼け空を見ながら一日を終えることができます。

南方向の特徴

南の方角を向いたメインの窓は、朝から夕方まで太陽の光をとりこむことができ人気が高いです。太陽の光は人間にとって様々な影響を与えます。太陽の光をずっと部屋の中へとりこみたい、部屋を自然光で明るくしたい、日中なるべく照明は使いたくないという方におすすめです。南の方角は、風も夏は涼しい風が入り、冬の冷たい北風は入ってきづらいため、過ごしやすい環境作りが可能になります。

北方向の特徴

日の当たりにくい北の方角を向いたメインの窓は、建売の新築戸建物件では格安な料金で販売されることもあります。北の方角は、体質などで太陽の光をあまり受けたくない方や、日差しが劣化の原因となりやすい絵画や本を多くお持ちの方におすすめです。