戸建とマンションの比較

新築戸建と新築マンションの比較

マイホームは人生の中でも大きな買い物です。そして住まいとは暮らしの中でとても重要なものです。そんな重要な住まい選びで、新築戸建と新築マンションどちらにするか迷っている方もいるかと思います。ここでは、それぞれの紹介をし、比較ができるようご紹介します。

新築戸建

日当たりと風通し
日当たりは方角にもよりますが、隣の家とも適度な間隔がとれていれば確保できます。一般的な新築戸建であれば様々な方向に窓を設置でき、窓の数もマンションに比べ多くなるので、光を取り入れるのには困りません。
また、窓が様々な方向に多くついていることで、風通しも良くなります。
間取りと広さ
間取りは使う用途によって分けやすいのが特徴です。2階以上の新築戸建ならプライベートな部屋と家族が集まる部屋、来客があった際の部屋など分けやすくなります。また、住むにつれ生活スタイルが変われば、増築やリフォームを自分の好きなタイミングで行うことができます。
立地と利便性
空いている土地があれば自分の好きな場所に建てることができます。静かな場所でプライバシーが保たれる生活をしたいという方にもおすすめです。独立性が高いので、マンションでは許可されていないペットを飼ったり、楽器を楽しんだり、友人や親戚を呼んでホームパーティーをしたりしやすいです。

新築マンション

日当たりと風通し
部屋が高層階であれば、眺望も日当たりも良いはずです。窓は角部屋でない場合、ベランダ側と廊下側にしかありませんので、メインとなる窓の方角が重要となってきます。窓の設置がベランダ側と廊下側のみの場合、住人の共通スペースである廊下側の窓は開けづらいという方は、風通しのために目隠しを設置すると良いでしょう。
間取りと広さ
限られたスペースを効率よく使った間取りになっていることが多いです。
立地と利便性
新築マンションは駅の近くなど交通の面や、コンビニが近いなど買い物の面で便利なことをウリにしているところが多いです。